長く走り込んでいる車の買取も可能なTUC

車を売る時には、距離は大きなポイントになります。いわゆる走行距離が長い車の場合は、ちょっと買い取り金額は微妙になる傾向がありますね。あまり長い距離を走っていると、不具合が発生してしまう可能性があるからです。
一般的には、10万キロが1つのボーダーラインですね。それ以上長く走っている車となると、ちょっと買取が厳しくなってしまう場合があります。
また中古車を買おうと考えている方々も、やはり10万キロが1つのラインという認識を持っているようです。人々の間でそのような認識が強いので、売却金額も厳しくなる傾向がある訳ですね。

 

TUCによる10万キロ以上の車を買い取っている事例

 

ところで千葉県の松戸市には、TUCという業者があります。そこでは主に輸入車の買取を行っていて、もうかなり長い間事業を営んでいるようですね。
ではその業者の場合は10万キロを超えているような車は売却可能かというと、特に問題はありません。
例えばある時には、TUCは走行距離が11万キロ台の車を買い取っていたようですね。その車の場合、スペックなどは少々高めだと思います。サンルーフなども付いていますし、鍵なども比較的高スペックですね。
また別の車ですが、やはり11万キロ台だったようです。その車の場合はちょっと特殊で、まず左ハンドルだったようですね。その車も、やや特殊な鍵を用いているようです。

 

ハイスペックな装備で走行距離を補える可能性も

 

ですのでTUCという業者では、たとえ走行距離が10万キロを超えているような車でも買取は可能なのですね。ちなみに上記の事例ですが、何点かはややスペックが高めな装備が完備されています。走行距離が長めな車でも、サンルーフや特殊な鍵などが付いていれば、それで十分に補う事ができるのでしょう。
つまりTUCでは、10万キロを超えている車でも装備によっては高く評価してくれる可能性があります。そのような車の売却を検討しているならば、ちょっとその業者で査定を受けてみると良いと思います。
>オデッセイの買取・下取りで通常よりも高く売る方法