車の安全性と買取額との関係

自動車を運転する時は、とかく安全性が重視されます。車を運転している方々でしたら、交通安全に関しては日々配慮をしているかと思います。事故が起きてしまったら、大変なことになってしまうからです。
そのような状況ゆえに、車買取ではしばしば安全性が重視されます。ケガが発生しづらい車の場合は、買取額が高くなる傾向がある訳ですね。

 

エアバッグの性能と車の買取額

 

具体例で申し上げれば、まずエアバッグです。あれは安全のためには必要不可欠なツールですが、一般的にはバッグが起動するスピードが重視される傾向があるようです。
例えば車が衝突して1秒ほどで開くエアバッグと、0.1秒で開くエアバッグでは、果たしてどちらの方が安全だと思いますでしょうか。やはり後者だと思います。
それと助手席のエアバッグが開くかどうかも、大きなポイントですね。運転席だけでなく同乗者のバッグが開く車などは、やはり高く売れる傾向があるようです。
つまりエアバッグによる安全性の高さは、車の買取額に大きく関わるわけです。

 

衝突防止機能がある車は買取額も高めに

 

それと最近の車は、安全装置が充実している傾向があります。例えば衝突を防ぐ為のセンサーですね。前方を走っている車との距離が一定以下になると、ブザーが鳴る車などもあるのだそうです。例えば前方の車との距離が5メートル以下になった場合は、自動でブザーが鳴るような車ですね。そうかと思えば5メートル以下になったら、徐行運転をするようになる車などもあります。このように衝突を防止するような機能がある車なども、やはり高く売れる傾向があるそうです。
考えてみれば、それは当然ですね。次オーナーの目線からすれば、「安全性の高い中古車が欲しい」と考えるのは自然だと思います。
ですので安全弁が備わっているような車を売る時などは、査定士に強くアピールをしてみるのも良いと思います。